SAP Certified Application Associate - Production Planning & Manufacturing with SAP ERP 6.0 EHP7 (C_TSCM42_67日本語版) - C_TSCM42_67日本語 Exam Practice Test

計画方針40(最終組立による計画)での消費に適用される特性はどれですか?
Correct Answer: A
SAP ECCでは、以下のデータを使用して作業区能力の標準利用可能能力を計算します。
-開始:7:00:00 a.m.
-終了:午後3:00:00
-休憩時間:1時間
-使用率:80%
-過負荷:110%
-個々の容量の数:1
標準の利用可能な容量はどのくらいですか?
Correct Answer: B
最終製品の最終組立は、顧客の注文が到着したときにのみトリガーされます。
最終製品のどの計画戦略を使用しますか?
Correct Answer: C
SAP ECC資材所要量計画のコンテキストで資材が計画されました。その後、MRP管理者は、特定の計画オーダーを製造オーダーに手動で変換することにより、材料を処理しました。
MRP管理者は現在、この品目の現在の在庫/所要量リストとMRPリストにアクセスし、これら2つのリストを比較します。
この段階で2つのリストについて何を考慮する必要がありますか? (2つ選択してください)
Correct Answer: A,D
最終製品の在庫/所要量リストには、同じ数量の販売注文と固定計画注文が1つだけ含まれています。両方のMRP要素の利用可能日は稼働日です。固定計画手配の利用可能日は、受注の日付より後の日付に設定されています。
ただし、対応する再スケジュール例外メッセージは表示されません。
その理由は何でしょうか? (2つ選択してください)
Correct Answer: A,B
SAP ECCシステムでラインローディングを実行し、通常の計画オーダーから実行スケジュール数量(RSQ)を生成するために使用できる反復製造オプションはどれですか? (3つ選択してください)
Correct Answer: B,C,D
顧客の注文からトリガーされるSAP ECCのATPチェックに関して、何を考慮する必要がありますか?
Correct Answer: D
繰返生産の特徴は何ですか? (3つ選択してください)
Correct Answer: B,D,E
消費に関する次の説明のうち正しいものはどれですか。 (2つ選択してください)
Correct Answer: B,C
SAP ECCで実施される資材所要量計画の手順はどのような順序で行われますか?
Correct Answer: B