Microsoft Azure Administrator (AZ-104日本語版) - AZ-104日本語 Exam Practice Test

注:この質問は、同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。シリーズの各質問には、指定された目標を達成できる独自のソリューションが含まれています。一部の質問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の質問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの質問に回答すると、その質問に戻ることはできません。その結果、これらの質問はレビュー画面に表示されません。
VNet1という名前のAzure仮想ネットワークへのポイントツーサイトVPN接続を持つComputer1という名前のコンピューターがあります。ポイントツーサイト接続では、自己署名証明書を使用します。
Azureから、VPNクライアント構成パッケージをダウンロードして、Computer2という名前のコンピューターにインストールします。
Computer2からVNet1へのポイントツーサイトVPN接続を確立できることを確認する必要があります。
解決策:Azure Active Directory(Azure AD)認証ポリシーを変更します。
これはこの目標を満たしていますか?
Correct Answer: B
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
注:この質問は、同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。シリーズの各質問には、指定された目標を達成できる独自のソリューションが含まれています。一部の質問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の質問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの質問に回答すると、その質問に戻ることはできません。その結果、これらの質問はレビュー画面に表示されません。
次のリソースを含むAzureサブスクリプションがあります。
* Subnet1という名前のサブネットを持つ仮想ネットワーク
* NSG-VM1およびNSG-Subnet1という名前の2つのネットワークセキュリティグループ(NSG)
*リモートデスクトップ接続を許可するために必要なWindows Server構成を持つVM1という名前の仮想マシンNSG-Subnet1には、デフォルトの受信セキュリティルールのみがあります。
NSG-VM1には、デフォルトの受信セキュリティルールと次のカスタム受信セキュリティルールがあります。
*優先度:100
*出典:すべて
*送信元ポート範囲:*
*宛先:*
*宛先ポート範囲:3389
*プロトコル:UDP
*アクション:許可
VM1はSubnet1に接続します。 NSG1-VM1はVM1のネットワークインターフェイスに関連付けられています。 NSG-Subnet1はSubnet1に関連付けられています。
インターネットからVM1へのリモートデスクトップ接続を確立できる必要があります。
解決策:NSG-Subnet1にインバウンドセキュリティルールを追加して、Anyソースからポート範囲3389のVirtualNetwork宛先への接続を許可し、TCPプロトコルを使用します。 VM1のネットワークインターフェイスからNSG-VM1を削除します。
これは目標を達成していますか?
Correct Answer: B
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
Azure AppServicesで実行されている.NETCoreアプリケーションがあります。今後数日で、アプリケーションへの大量のトラフィックの流入が予想されます。アプリケーションでこのトラフィックの急増が発生した場合、リクエストエラーや失敗したクエリなどの異常をすぐに検出する必要があります。 .NETアプリケーションに関連するこれらのタイプのエラーをすぐに知るために、どのサービスを使用できますか?
Correct Answer: A
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
Web管理者がWebアプリをできるだけ迅速にデプロイできるように、環境を準備する必要があります。
どの3つのアクションを順番に実行する必要がありますか?回答するには、適切なアクションをアクションのリストから回答領域に移動し、正しい順序に並べます。
Correct Answer:

Explanation

Scenario:
1. Web administrators will deploy Azure web apps for the marketing department.
2. Each web app will be added to a separate resource group.
3. The initial configuration of the web apps will be identical.
4. The web administrators have permission to deploy web apps to resource groups.
Steps:
1 --> Create a resource group, and then deploy a web app to the resource group.
2 --> From the Automation script blade of the resource group , click Add to Library.
3 --> From the Templates service, select the template, and then share the template to the web administrators .
References:
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/azure-resource-manager/templates/quickstart-create-templates-use-the-po
Topic 3, Contoso Ltd
Overview
Contoso, Ltd. is a manufacturing company that has offices worldwide. Contoso works with partner organizations to bring products to market.
Contoso products are manufactured by using blueprint files that the company authors and maintains.
Existing Environment
Currently, Contoso uses multiple types of servers for business operations, including the following:
* File servers
* Domain controllers
* Microsoft SQL Server servers
Your network contains an Active Directory forest named contoso.com. All servers and client computers are joined to Active Directory.
You have a public-facing application named App1. App1 is comprised of the following three tiers:
* A SQL database
* A web front end
* A processing middle tier
Each tier is comprised of five virtual machines. Users access the web front end by using HTTPS only.
Requirements
Planned Changes
Contoso plans to implement the following changes to the infrastructure:
Move all the tiers of App1 to Azure.
Move the existing product blueprint files to Azure Blob storage.
Create a hybrid directory to support an upcoming Microsoft Office 365 migration project.
Technical Requirements
Contoso must meet the following technical requirements:
* Move all the virtual machines for App1 to Azure.
* Minimize the number of open ports between the App1 tiers.
* Ensure that all the virtual machines for App1 are protected by backups.
* Copy the blueprint files to Azure over the Internet.
* Ensure that the blueprint files are stored in the archive storage tier.
* Ensure that partner access to the blueprint files is secured and temporary.
* Prevent user passwords or hashes of passwords from being stored in Azure.
* Use unmanaged standard storage for the hard disks of the virtual machines.
* Ensure that when users join devices to Azure Active Directory (Azure AD), the users use a mobile phone to verify their identity.
Minimize administrative effort whenever possible.
User Requirements
Contoso identifies the following requirements for users:
* Ensure that only users who are part of a group named Pilot can join devices to Azure AD.
* Designate a new user named Admin1 as the service administrator of the Azure subscription.
* Admin1 must receive email alerts regarding service outages.
* Ensure that a new user named User3 can create network objects for the Azure subscription.
次の表に示す仮想マシンを含むAzureサブスクリプションがあります。

次の構成を持つロードバランサーをデプロイします。
* NameLB1
*タイプ:内部
* SKU:標準
*仮想ネットワーク:VNET1
VM1とVM2をLB1のバックエンドプールに追加できることを確認する必要があります。
解決策:VM2のネットワークインターフェイスからパブリックIPアドレスの関連付けを解除します。
これは目標を達成していますか?
Correct Answer: A
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
VNet1という名前の仮想ネットワークを含むSubscription1という名前のAzureサブスクリプションがあります。 VNet1はRG1という名前のリソースグループにあります。
Subscription1には、User1という名前のユーザーがいます。 User1には以下の役割があります。
* 読者
*セキュリティ管理者
*セキュリティリーダー
User1がVNet1の閲覧者ロールを他のユーザーに割り当てることができることを確認する必要があります。あなたは何をするべきか?
Correct Answer: A
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
次の表に示すAzure仮想ネットワークがあります。

VNet1からどの仮想ネットワークにピアリング接続を確立できますか?
Correct Answer: C
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
注:この質問は、同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。シリーズの各質問には、指定された目標を達成する可能性のある独自のソリューションが含まれています。一部の質問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の質問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの質問に回答した後は、その質問に戻ることはできません。その結果、これら
質問はレビュー画面に表示されません。
West US AzureリージョンでホストされているVNet1という名前の仮想ネットワークを管理します。
VNet1は、Windows Serverを実行するVM1およびVM2という名前の2つの仮想マシンをホストします。
VM1からVM2へのすべてのネットワークトラフィックを3時間検査する必要があります。
解決策:パフォーマンスモニターから、データコレクターセット(DCS)を作成します。
これは目標を達成していますか?
Correct Answer: B
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
App1という名前のAzure Webアプリがあります。 App1には、次の表に示す展開スロットがあります。

webapp1-testでは、App1に対するいくつかの変更をテストします。
App1をバックアップします。
webapp1-testをwebapp1-prodに交換して、App1でパフォーマンスの問題が発生していることを確認します。
できるだけ早くApp1を以前のバージョンに戻す必要があります。
あなたは何をするべきか?
Correct Answer: B
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
Azure BlobストレージとAzure Fileストレージを使用するstorage1という名前のAzureストレージアカウントがあります。
storage1のblobストレージとファイルストレージにデータをコピーするには、AzCopyを使用する必要があります。
ストレージのタイプごとにどの認証方法を使用する必要がありますか?回答するには、回答領域で適切なオプションを選択します。
注:それぞれの正しい選択は1ポイントの価値があります。
Correct Answer:

Explanation

You can provide authorization credentials by using Azure Active Directory (AD), or by using a Shared Access Signature (SAS) token.
Box 1:
Both Azure Active Directory (AD) and Shared Access Signature (SAS) token are supported for Blob storage.
Box 2:
Only Shared Access Signature (SAS) token is supported for File storage.
Reference:
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/storage/common/storage-use-azcopy-v10
注:この質問は、同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。シリーズの各質問には、指定された目標を達成できる独自のソリューションが含まれています。一部の質問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の質問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの質問に回答すると、その質問に戻ることはできません。その結果、これらの質問はレビュー画面に表示されません。
次の表に示すリソースを含むSubscription1という名前のAzureサブスクリプションがあります。

VM1は、NIC1という名前のネットワークインターフェイスを使用して、VNET2という名前の仮想ネットワークに接続します。
VM1用にNIC2という名前の新しいネットワークインターフェイスを作成する必要があります。
解決策:RG2と米国中央部でNIC2を作成します。
これは目標を達成していますか?
Correct Answer: B
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
財務部門のユーザー向けに構成を自動化するソリューションを推奨する必要があります。ソリューションは技術要件を満たしている必要があります。
おすすめには何を含めるべきですか?
Correct Answer: D
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
次のリソースグループを含むSubscription1というAzureサブスクリプションがあります。
*名前:RG1
*地域:米国西部
*タグ: "tag1": "value1"
次の構成を使用して、Policy1という名前のAzureポリシーをSubscription1に割り当てます。
*除外:なし
*ポリシー定義:追加タグとそのデフォルト値
*割り当て名:Policy1
* パラメーター:
-タグ名:Tag2
-タグの値:Value2
Policy1が割り当てられた後、次の構成を持つストレージアカウントを作成します。
*名前:storage1
*場所:米国西部
*リソースグループ:RG1
*タグ:「tag3」:「value3」
各リソースに割り当てられているタグを識別する必要があります。
何を識別すべきですか?回答するには、回答領域で適切なオプションを選択します。
注:それぞれの正しい選択は1ポイントの価値があります。
Correct Answer:

Explanation

Box 1: "tag1": "value1" only
Box 2: "tag2": "value2" and "tag3": "value3"
Tags applied to the resource group are not inherited by the resources in that resource group.
References:
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/azure-resource-manager/resource-group-using-tags
サブスクリプションIDがc276fc76-9cd4-44c9-99a7-4fd71546436eのSubscription1という名前のAzureサブスクリプションがあります。
次の要件を満たすCR1という名前のカスタムRBACロールを作成する必要があります。
Subscription1のリソースグループにのみ割り当てることができます
リソースグループのアクセス許可の管理を禁止しますリソースグループ内のリソースの表示、作成、変更、および削除を許可しますCR1の定義の割り当て可能なスコープと許可要素で何を指定する必要がありますか?回答するには、回答領域で適切なオプションを選択します。
注:正しい選択はそれぞれ1ポイントの価値があります。
Correct Answer:

Explanation

Box 1: "/subscription/c276fc76-9cd4-44c9-99a7-4fd71546436e"
In the assignableScopes you need to mention the subscription ID where you want to implement the RBAC Box 2: "Microsoft.Authorization/*" Microsoft.Authorization/* is used to Manage authorization

References:
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/role-based-access-control/resource-provider-operations#microsoftauthori
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/role-based-access-control/built-in-roles References:
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/role-based-access-control/custom-roles
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/role-based-access-control/resource-provider-operations#microsoftresourc
次の展示に示すApp Serviceプランがあります。

App Serviceプランのスケールイン設定は、次の図に示すように構成されています。


スケールアウトルールは、スケールインルールと同じ期間とクールダウンタイルで構成されます。
ドロップダウンメニューを使用して、図に示されている情報に基づいて各ステートメントを完了する回答を選択します。
Correct Answer:

Explanation
オンプレミスのデータセンターとAzureサブスクリプションがあります。データセンターには2つのVPNデバイスが含まれています。サブスクリプションには、VNet1という名前のAzure仮想ネットワークが含まれています。 VNet1にはゲートウェイサブネットが含まれています。
サイト間VPNを作成する必要があります。このソリューションでは、Azure VPNゲートウェイの単一のインスタンスに障害が発生した場合、または単一のオンプレミスVPNデバイスに障害が発生した場合でも、障害によって2分を超える中断が発生しないようにする必要があります。
Azureで必要なパブリックIPアドレス、仮想ネットワークゲートウェイ、ローカルネットワークゲートウェイの最小数はいくつですか?回答するには、回答領域で適切なオプションを選択します。
注:それぞれの正しい選択は1ポイントの価値があります。
Correct Answer:

Explanation

Box 1: 4
Two public IP addresses in the on-premises data center, and two public IP addresses in the VNET.
The most reliable option is to combine the active-active gateways on both your network and Azure, as shown in the diagram below.

Box 2: 2
Every Azure VPN gateway consists of two instances in an active-standby configuration. For any planned maintenance or unplanned disruption that happens to the active instance, the standby instance would take over (failover) automatically, and resume the S2S VPN or VNet-to-VNet connections.
Box 3: 2
Dual-redundancy: active-active VPN gateways for both Azure and on-premises networks Reference:
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/vpn-gateway/vpn-gateway-highlyavailable
WebApp1という名前のAzure Webアプリがあります。
開発者は、本番WebApp1に影響を与えずに変更できるWebApp1のコピーを提供する必要があります。開発者が変更のテストを終了したら、WebApp1の現在のラインバージョンを新しいバージョンに切り替えることができる必要があります。
どのコマンドを実行して環境を準備する必要がありますか?回答するには、回答領域で適切なオプションを選択します。
注:それぞれの正しい選択は1ポイントの価値があります。
Correct Answer:

Explanation

Box 1: New-AzureRmWebAppSlot
The New-AzureRmWebAppSlot cmdlet creates an Azure Web App Slot in a given a resource group that uses the specified App Service plan and data center.
Box 2: -SourceWebApp
References:
https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azurerm.websites/new-azurermwebappslot
次の表に示すストレージアカウントを含むSubscription1というAzureサブスクリプションがあります。

Azure Import / Exportサービスを使用してSubscription1からデータをエクスポートする予定です。
データのエクスポートに使用できるストレージアカウントを特定する必要があります。
何を識別すべきですか?
Correct Answer: A
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
App1という名前のAzure App ServiceをホストするAzure App Serviceプランがあります。
App1に1つの本番スロットと4つのステージングスロットを構成します。
トラフィックの10%を各ステージングスロットに割り当て、トラフィックの60%を本番スロットに割り当てる必要があります。
Appl1に何を追加する必要がありますか?
Correct Answer: B
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
サブスクリプションで次のリソースを作成します。
* Registry1という名前のAzureContainerRegistryインスタンス
* Cluster1という名前のAzureKubernetes Service(AKS)クラスター
管理ワークステーションでApp1という名前のコンテナイメージを作成します。
App1をクラスター1にデプロイする必要があります。
あなたは最初に何をすべきですか?
Correct Answer: B
User1という名前のユーザーアカウントを含むAzureサブスクリプションがあります。
User1がポリシーをテナントのルート管理グループに割り当てることができることを確認する必要があります。
あなたは何をするべきか?
Correct Answer: A
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
5つのインスタンスを含むAzure仮想マシンスケールセットをできるだけ早くデプロイする必要があります。あなたは何をするべきか?
Correct Answer: A
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
container1という名前のプライベートコンテナを持つstorageaccount1という名前の汎用v1ストレージアカウントがあります。 container1内のデータへの読み取りアクセスを許可する必要がありますが、14日以内に限ります。
これをどのように達成しますか?
Correct Answer: B,D
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
account1という名前のストレージアカウントを含むAzureサブスクリプションがあります。
オンプレミスネットワークからaccount1に仮想マシンのディスクファイルをアップロードする予定です。オンプレミスネットワークは、131.107.1.0 / 24のパブリックIPアドレス空間を使用します。
ディスクファイルを使用して、VM1という名前のAzure仮想マシンをプロビジョニングする予定です。 VM1は、VNet1という名前の仮想ネットワークに接続されます。 VNet1は192.168.0.0/24のIPアドレス空間を使用します。
次の要件を満たすようにaccount1を構成する必要があります。
*ディスクファイルをaccount1にアップロードできることを確認します。
* VM1にディスクを接続できることを確認します。
* account1への他のすべてのアクセスを禁止します。
どの2つのアクションを実行する必要がありますか?正しい選択ごとに、ソリューションの一部が提示されます。
注:それぞれの正しい選択は1ポイントの価値があります。
Correct Answer: A,C
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
オンプレミスのActive Directoryと同期し、次の表に示すユーザーを含むAzure Active Directory(Azure AD)テナントがあります。

Group1という名前のグループを作成し、User1をグループに追加します。グループの所有権を設定する必要があります
1. Group1の所有者として追加できるのはどのユーザーですか?
Correct Answer: D
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
Azure Resource Managerテンプレートを使用して、仮想マシンスケールセットでWindows Server 2019を実行するいくつかのAzure仮想マシンをデプロイする予定です。
デプロイ後、すべての仮想マシンでNGINXが使用可能であることを確認する必要があります。
何を使うべきですか?
Correct Answer: A
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
Subscription1という名前のAzureサブスクリプションがあります。 Subscription1には、次の表のリソースが含まれています。

VNet1はRG1にあります。 VNet2はRG2にあります。 VNet1とVnet2の間の接続はありません。
Admin1という名前の管理者は、RG1にVM1という名前のAzure仮想マシンを作成します。 VM1はDisk1という名前のディスクを使用し、VNet1に接続します。次に、Admin1はカスタムアプリケーションをVM1にインストールします。
カスタムアプリケーションをVnet2に移動する必要があります。このソリューションでは、管理作業を最小限に抑える必要があります。
どの2つのアクションを実行する必要がありますか?回答するには、回答領域で適切なオプションを選択します。
注:それぞれの正しい選択は1ポイントの価値があります。
Correct Answer:

Explanation

We cannot just move a virtual machine between networks. What we need to do is identify the disk used by the VM, delete the VM itself while retaining the disk, and recreate the VM in the target virtual network and then attach the original disk to it.
First action: Delete VM1
Second action: Create a new virtual machine
Reference:
https://docs.microsoft.com/en-us/archive/blogs/canitpro/step-by-step-move-a-vm-to-a-different-vnet-on-azure
https://4sysops.com/archives/move-an-azure-vm-to-another-virtual-network-vnet/#migrate-an-azure-vmbetween
Subscroption1という名前のAzureサブスクリプションがあります。
Subscription1で、Alert1という名前のアラートルールを作成します。
Alert1アクショングループは、次の図に示すように構成されています。

Alert1アラート基準は毎分トリガーされます。
ドロップダウンメニューを使用して、図に示されている情報に基づいて各ステートメントを完了する回答を選択します。
注:それぞれの正しい選択は1ポイントの価値があります。
Correct Answer:

Explanation

Box 1: 60
One alert per minute will trigger one email per minute.
Box 2: 12
No more than 1 SMS every 5 minutes can be send, which equals 12 per hour.
Note: Rate limiting is a suspension of notifications that occurs when too many are sent to a particular phone number, email address or device. Rate limiting ensures that alerts are manageable and actionable.
The rate limit thresholds are:
* SMS: No more than 1 SMS every 5 minutes.
* Voice: No more than 1 Voice call every 5 minutes.
* Email: No more than 100 emails in an hour.
* Other actions are not rate limited.
References:
https://github.com/MicrosoftDocs/azure-docs/blob/master/articles/monitoring-and-diagnostics/monitoring-overv
VM1とVM2という名前の2つのAzure仮想マシンで実行されるApp1という名前のアプリがあります。
App1のAzure可用性セットを実装する予定です。このソリューションでは、VM1とVM2をホストしているハードウェアの計画的なメンテナンス中にApp1が利用可能であることを確認する必要があります。
可用性セットには何を含める必要がありますか?
Correct Answer: C
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
VM1という名前のAzure仮想マシンを含むAzureサブスクリプションがあります。 VM1は、複数のアクティブなインスタンスをサポートしないApp1という名前の財務報告アプリを実行します。
毎月末に、App1の実行時にVM1のCPU使用率がピークになります。
毎月末にVM1のプロセッサパフォーマンスを向上させるには、スケジュールされたRunbookを作成する必要があります。
Runbookにはどのようなタスクを含める必要がありますか?
Correct Answer: C
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
VNET1とVNET2という名前の2つの仮想ネットワークと次の表に示すユーザーを含むAzureサブスクリプションがあります。
大きい画像

VNET1とVNET2の間でピアリングを構成できるユーザーを特定する必要があります。
どのユーザーを特定する必要がありますか?
Correct Answer: E
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
VM1という名前の仮想マシンを含むAzureサブスクリプションがあります。 VM1は、24時間利用可能な基幹業務アプリケーションをホストします。 VM1には1つのネットワークインターフェイスと1つの管理対象ディスクがあります。 VM1はD4s v3サイズを使用します。
VM1に次の変更を加える予定です。
*サイズをD8s v3に変更します。
* 500 GBの管理対象ディスクを追加します。
* Puppet Agent拡張機能を追加します。
*追加のネットワークインターフェイスを接続します。
VM1のダウンタイムを引き起こすのはどの変更ですか?
Correct Answer: D
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
この質問は、同じシナリオを提示する一連の質問の一部です。シリーズの各質問には、指定された目標を達成できる独自のソリューションが含まれています。一部の質問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の質問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの質問に回答すると、その質問に戻ることはできません。その結果、これらの質問はレビュー画面に表示されません。
次の表に示すリソースを含むSubscription1という名前のAzureサブスクリプションがあります。

VM1は、NIC1という名前のネットワークインターフェイスを使用して、VNET2という名前の仮想ネットワークに接続します。
VM1用にNIC2という名前の新しいネットワークインターフェイスを作成する必要があります。
解決策:RG1と米国中央部にNIC2を作成します。
これは目標を達成していますか?
Correct Answer: B
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
Windows Server 2019を実行し、次の表に示すように構成されているAzure仮想マシンがあります。

adatum.comという名前のパブリックAzure DNSゾーンとcontoso.comという名前のプライベートAzure DNSゾーンを作成します。
contoso.comの場合、展示に示すように、link1という名前の仮想ネットワークリンクを作成します。 ([展示]タブをクリックします。)

VM1はcontoso.comの名前を解決できるが、adatum.comの名前は解決できないことがわかります。 VM1は、インターネット上の他のホストを解決できます。
VM1がadatum.comのホスト名を解決できることを確認する必要があります。
あなたは何をするべきか?
Correct Answer: D
Explanation: (Only visible to PassTestking members)
サイト間VPNを使用してオンプレミスネットワークに接続するVNet1という名前のAzure仮想ネットワークがあります。 VMet1には、Subnet1という名前の1つのサブネットが含まれています。
Subnet1は、NSG1という名前のネットワークセキュリティグループ(NSG)に関連付けられています。 Subnet1には、ILB1という名前の基本的な内部ロードバランサーが含まれています。 ILB1のバックエンドプールには3つのAzure仮想マシンがあります。
ILB1に接続するIPアドレスに関するデータを収集する必要があります。収集されたデータに対してAzureポータルからインタラクティブクエリを実行できる必要があります。
あなたは何をするべきか?回答するには、回答領域で適切なオプションを選択します。
注:それぞれの正しい選択は1ポイントの価値があります。
Correct Answer:

Explanation

Box 1: An Azure Log Analytics workspace
In the Azure portal you can set up a Log Analytics workspace, which is a unique Log Analytics environment with its own data repository, data sources, and solutions Box 2: ILB1 References:
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/log-analytics/log-analytics-quick-create-workspace
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/load-balancer/load-balancer-standard-diagnostics
Azureファイル共有を含むAzureサブスクリプションがあります。
Windows Server 2016を実行するServer1という名前のオンプレミスサーバーがあります。
Server1とAzureファイル共有の間にAzure File Syncを設定する予定です。
計画中のAzure File Syncのサブスクリプションを準備する必要があります。
Azureサブスクリプションで実行する必要がある2つのアクションはどれですか。回答するには、適切なアクションを正しいターゲットにドラッグします。各アクションは、1回、複数回、またはまったく使用しない場合があります。ペイン間で分割バーをドラッグするか、コンテンツを表示するにはスクロールする必要がある場合があります。
Correct Answer:

Explanation
As per the official MS doc:
The recommended steps to onboard on Azure File Sync for the first with zero downtime while preserving full file fidelity and access control list (ACL) are as follows:
1. Deploy a Storage Sync Service. --> This needs to be done on Azure .
2. Create a sync group. --> This needs to be done on Azure
3. Install Azure File Sync agent on the server with the full data set. --> This needs to be done on server1.
4. Register that server and create a server endpoint on the share. --> This needs to be done on server1.
5. Let sync do the full upload to the Azure file share (cloud endpoint).
6. After the initial upload is complete, install Azure File Sync agent on each of the remaining servers.
7. Create new file shares on each of the remaining servers.
8. Create server endpoints on new file shares with cloud tiering policy, if desired. (This step requires additional storage to be available for the initial setup.)
9. Let Azure File Sync agent do a rapid restore of the full namespace without the actual data transfer. After the full namespace sync, sync engine will fill the local disk space based on the cloud tiering policy for the server endpoint.
10. Ensure sync completes and test your topology as desired.
11. Redirect users and applications to this new share.
12. You can optionally delete any duplicate shares on the servers.

First action: Create a Storage Sync Service
The deployment of Azure File Sync starts with placing a Storage Sync Service resource into a resource group of your selected subscription.

Second action: Create a sync group
A sync group defines the sync topology for a set of files. Endpoints within a sync group are kept in sync with each other. A sync group must contain one cloud endpoint, which represents an Azure file share and one or more server endpoints. A server endpoint represents a path on a registered server. A server can have server endpoints in multiple sync groups. You can create as many sync groups as you need to appropriately describe your desired sync topology.

Third action: Run Server Registration
Registering your Windows Server with a Storage Sync Service establishes a trust relationship between your server (or cluster) and the Storage Sync Service. A server can only be registered to one Storage Sync Service and can sync with other servers and Azure file shares associated with the same Storage Sync Service. ) Reference:
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/storage/files/storage-sync-files-deployment-guide?tabs=azure-portal